社員証 価格の達人サイト

これで御社も大助かり!

リノベーション物件の注意点

現在の住宅業界では中古住宅の取り扱いが徐々に増えつつあり、国の政策も中古住宅市場の活性化を促す方向にあります。新築住宅には手が届かず、中古物件でリフォームやリノベーションした住宅の購入を考えている方が注意すべき点を解説いたします。リフォームとは基本的に住宅の間取りを劇的には変えずに、仕上げ(壁や床、天井などの内装)を更新することを言い、リノベーションとはそれよりも劇的に間取り自身もがらりと変える工事を行うことを言います。リノベーション物件を購入する時に気を付けたいこととして、不動産会社の売り文句として、建物の強度も問題ないと謳っている物件に関しては細かく確認をした方が賢明です。中古物件という時点で、その物件が竣工した年代を確認し、昭和55年以前の物件の場合は現在の耐震基準に適合していませんので、耐震補強工事が実施されているかどうかが重要となります。不動産会社に耐震補強工事を実施したかどうかを確認し、出来るだけ実施している物件の購入を強く勧めます。

リノベーションって?

リノベーションとリフォーム、一体全体、どこが違うんでしょうね。ぶっちゃけ、家は家族構成によって使い道が変化していきますし。子育てが終わり、子供達も独立した家なら子供用のスペースも必要ないですしね。家だって生まれ変わってもいいと思いませんか。今まで、住み慣れた我が家を再び、価値のあるものにするんです。それがリノベーションというものなんてすよ。最近では古民家を購入して、内部をすっかり、現代風に変えてしまうという人もいるみたいです。というか、古民家を使って飲食店、なんていうのをテレビで見たことがありますし。リノベーションで中古住宅を素敵なマイホームにするのもお勧めですよ。ほかにもいろんな楽しみ方があるみたいですし。実際、新築よりも安く購入できるかもしれません。最近ではこういったことに力を入れている会社も多いんですよ。

リノベーションをする上で大切なこと

中古マンションを購入し分譲賃貸マンションとして人に貸し出しを行う場合、大規模なリノベーションをする必要とする場合が非常に多いです。分譲賃貸マンションとして貸し出す場合、貸し出したいと思う年代や性別のことを想定し、リノベーションを行う必要があります。ターゲットが若い女性なら、対面キッチンにしリビングを寝室より広くし、収納力を抜群な部屋にすることによって、すぐに入居者を探すことが可能です。シニア向けやカップル向け、ファミリー向けなど色々な年代に応じ改装工事をすることが可能なので、貸し出したいと思う明確な年代を定めることが、賃貸物件を経営する上でとても必要なことになります。私自身自分の年齢が20代ということもあり、昨年購入した中古マンションを20代から30代の女性をターゲットにリノベーションを行うことで、現在30代女性に部屋の貸し出しを行うことができています。