Skip to content

リノベーションというものを知ろう

リノベーションというものを知ろう へのコメントはまだありません

リノベーションという言葉は家を増改築したりするリフォームという言葉に似ています。リフォームとは老朽化した建物を新築の状態に戻し、壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり新しくしたりすることを言い、リノベーションは少しだけ意味が違ってきます。リノベーションは既存の建物に大規模な工事を行うことで、機能や価値を向上させることをいい、直すことや新しくすることを目的にはしていません。この二つには小さいようで意外と大きな違いがあります。この言葉はあまり聞きなれはしないのでしょうが、これから先建設業者やリフォーム業者などにこのようなことをお願いすることがあるのかもしれません。使うことは専門的な職業につかなければまずないと思われますが、このような言葉もあるというくらいは知っておいてもいいかもしれませんね。

割安で新築並みのリノベーション物件が人気です

最近人気の賃貸マンションとして、リノベーション物件というものがあります。リノベーションとは、簡単に言えば、大掛かりなリフォームです。壁紙を張り替えるといった程度ではなく、間取りなども大きく変更していくというやり方です。ではどうして、人気があるのかと言うと、誰でも、綺麗で今風の間取りの部屋に住みたいと思うものです。しかし、そういった希望は、通常、新築か築年数の浅いものを選ぶしか叶えられません。しかし、そういった物件は当然、家賃が高くなります。結果として、いくら憧れを持っていたとしても、あきらめるしかない人も少なくありません。そういう人たちに、このリノベーション物件が人気なのです。築年数は経っていても中身は、最新のニーズに応えた間取りや設備を持っているので、新築並みの綺麗さと設備を堪能できるからです。

リノベーションで心機一転を

中古の住宅は、古き良き時代の面影を残していますが、暮らしやすいかというと、かならずしもそうではありません。木造住宅なら隙間風が冬の暮らしを辛いものにします。冷房や暖房器具に慣れた人には、この便利さは手放せません。そこでリノベーションの出番です。壁を壁暖房に、床を床暖房にすることも出来ます。台所はシステムキッチンで、現代の若者にふさわしいシンクの高さを得られます。増えた電化製品のためにアンペア増加の工事も必要です。お風呂はお掃除の楽なように、カビの生えにくい材質に変えることも可能です。トイレはもちろんウオシュレットで、人が前に立つだけで便座のふたが上がってくれます。見た目の古さと、近代的な内容の室内のアンバランスを楽しむことが可能です。そして何よりも、新築よりも、安い費用と時間が確保できるのが最大のメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*