社員証 価格の達人サイト

これで御社も大助かり!

最短のリノベーション

先日友人が築30年のマンションをリノベーションしました。しかし仕事を自宅でしている事もあり、早々長い間時間が取れない中、無理を言って2週間で全部お願いしたそうです。だいたい、どこの工事を見ても1か月は掛かる中、マンションですので夜音をだす工事などは限られますが、それ以外で出来る事などは夜にも続行して頂いたらしく、もちろんその分お金は少し上乗せになったそうですが、時間には変えられないと言う事で、本当に驚くスピードで仕上げてくれたと言います。リノベーションとなると他のアパートなど借りて住まいをしなくてはいけない中、トランクルームに物は起き、なんとその間はビジネスホテルに泊まり過ごせたと言います。確かに月単位になるときつくなりますが、2週間ですとあっと言う間に過ぎてしまう日数の中可能だったそうです。そういう点ではある意味お財布にも優しいのかも知れません。

最近注目を集めているリノベーションについて。

古くなった建物を元の姿、性能に戻す為の修復工事をリフォームと言います。それに対して建物の性能を高める為、より大規模な修復工事を行うことをリノベーションと言います。建物の性能を高めるとは、例えば間取りを変えたり、耐震性や防火性を高めたり、節約型のエコ仕様に変えたり、最新のIT環境を整えたり等々することです。建物に新たな付加価値が加えられます。今後日本は、人口が減っていくことが予測されています。人口が減るということは、必然的に日本に空き部屋が増えるということです。既に物件を所有する大家さんにとって、この空き部屋問題は深刻です。なるべく空き部屋を出さない為にも、お客さんに住みたいと思わせる魅力的な物件を用意しなければなりません。それで今、リフォームよりもリノベーションの方が断然注目を浴びているのです。物件を選ぶ立場のお客さんにとっても質の高い物件が増えると、選択肢が広がりますから歓迎でしょう。

大家さんもお客さんも注目するリノベーション。

一戸建てをリフォームするテレビ番組は、結構人気が高く注目を集めてます。その影響もあるのか、一戸建てを持つ人にとってリフォーム、つまり修復工事はちょっとしたブームになっているようです。話は変わって、マンションやアパートを所有する大家さんにとって、昨今の空き部屋問題には頭が痛いでしょう。人口の多い日本の首都東京でさえ空き部屋問題が存在しますので、地方の状況はもっと深刻です。そこで大家さん達は所有する物件を魅力ある物に変えなければいけません。しかし、ただリフォームすれば良いというものではありません。お客さんに思わず住みたいと言わせるような物件に変えなければならないのです。そこで大家さんが建築業者さんにお願いするのがリノベーションです。リノベーションとは大規模な修復工事のことです。そしてその修復工事だけでなく、物件の付加価値も大胆に加えます。入居してすぐインターネットが使える、地デジが視れるなんていうのは当たり前のことです。地震対策、防犯対策、防火対策、エネルギー節約、最新の家電製品への対応などが施されるでしょう。リノベーションは住む側のお客さんにとっては嬉しい限りです。